BLOG

Schedule

8月のお休み&お盆休みのお知らせ。

最近は蒸し暑い日々が続いており
室内と室外で温度が違うことも多くて、体温調整が大変ですね…(・_・;

くれぐれも水分補給には気をつけて気持ちよく過ごせますように!

broaden8月の日程です。

8/1(火)定休日
8/8(火)定休日
8/14(月)〜16(水)夏休み🌴
8/18(金)勉強会のためお休み

8/22(火)定休日
8/29(火)定休日

となっております!
8月は夏休みシーズンということもあり、皆様お出かけされることも多いと思います(^0^)
私も僭越ながら夏休み頂戴したいと思います🌻☀️

そして8月は勉強の月ということで、定休日以外にもお休みを頂いております。
ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

News

予約状況の目安になるように。

最近は暑い日が続いておりますね〜
broadenの植物たちも水が足りなくて葉っぱに元気がありません
毎日水をやって念をおくっておりますが、自然の雨にはどうやら勝てないようです。。。

暑い中、日々ご予約いただき忙しくさせて頂き、有難う御座います!
ですが…せっかくメールや電話したのに空いてない!!なんてこともあります(> <;) そんな問い合わせ時の手間とガッカリ感をなんとかしたいなと思い、カレンダーを作ってみました。
➡️broaden Reservation Calendar⬅️

⚠️注意点⚠️
素人考えで作ってるので1ヶ月分しか見れません。
反映が遅れることもあります。
今後見やすく改良も重ねていきますので、あくまで一つの目安としてご利用ください!

あくまでも目安なので、頑張れば予約可能な時もありますので
どーしても予約したい!などの時は一度お問い合わせください。もしかしたら?があるかも!!

取り急ぎぜひご利用いただければと思います!!!!

Schedule

7月のお休みのお知らせ

あっ!!という間に6月が終わりそうでびっくりしております。

いよいよ夏が近づいていますね(^0^)
おでかけシーズン到来。紫外線には気をつけて楽しく夏を過ごしましょう〜🌻

最近ご予約の時に、メールや電話で問い合わせる前にある程度空き状況がわかると便利かな?と思い現在の空き情報が閲覧できるカレンダーをホームページに新設予定です。
ただいま準備中ですので、今しばらくお待ちください!!

7月のbroadenのお休みです。
1~3は大阪出張とさせていただきます!!

7/1(土)大阪堀江の店舗
7/2(日)兵庫川西の店舗
7/3(月)兵庫川西の店舗


7/4(火)定休日
7/11(火)定休日
7/17(月)定休日
7/18(火)定休日
7/25(火)定休日

大阪出張もあるので店舗のお休みが多くなってしまい、ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します✨

髪は体の一部。
こうして今も担当させていただける機会をいただけることに感謝!万全の準備をして大阪まで伺いたいと思います〜!

uniqueness

髪を切らない人のために。

broadenではホームページにも記載がありますが
「トリートメントメニューはありません!」
と伝えております。

髪をキレイにするために必要なのは、髪本来の美しさを大切にすることだと考えているから。
トリートメントをたくさんつけてもダメージは治らない。

でも一時的にキレイになったように感じることができる!!

この点を最近、考え直しております。

普段どうしてもお手入れする時間がない。
髪は伸ばしてるからできるだけ傷んでても切りたくない。

一度傷んだ髪を治すことはできないけど。
切りたくない人のダメージをなるべく感じさせないようにすることでより扱いやすく、お手入れするテンションも上がるのではと思い。
トリートメント

導入検討、比較中のトリートメントがずらり。
自分が必要だなと感じる仕上がりを作れるトリートメントを。。。

髪を切らなくても、ひと月ぐらいは手触りが維持できるような。
ホームケアも合わせて正しいお手入れを心がければ美容室での手触りが継続するような。。。

髪がダメージしているのはわかってるけど、切りたくない。
でも綺麗にしたい。という方の為にどんなトリートメントがいいのか。。。
もう少し勉強したいと思います!

Schedule

6月のお休みと7月の大阪出張日のお知らせ。

だいぶ日中の気温も上がってきて暑さが増してまりましたね!!

broadenでも少しずつ湿気が増えてきているせいか縮毛矯正をご希望の方が増えてきているこの頃です。
雨が降ったりなんだかムシムシしたりする日も快適に過ごせるように髪のクセと付き合っていきたいですね(^0^)

broadenの6月のお休みのお知らせです。
6月の10.11の土日にイレギュラーなお休みを頂きます。
その他は通常通りとなります。皆様にはご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。

6/6(火)定休日
6/10(土)11(日)お休みとさせて頂きます
6/13(火)定休日
6/19(月)20(火)定休日
6/27(火)定休日

7月の大阪出張の予定となります。
7/1(土)大阪堀江の店舗
7/2(日)兵庫川西の店舗
7/3(月)兵庫川西の店舗

皆様のご来店お待ちしております!!
シルバー
庭のシルバープリペットがいつの間にやら開花しておりました✨暖かくなってきましたね〜!

Diary

純度100%の暗闇の世界。

先日いただきましたお休みにずっと行きたいなと思っていたダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました!

これは2年ぐらい前に知人から聞いてずっと行きたいと思っていた『暗闇のソーシャルエンターテイメント』
目を閉じたら暗闇。目を開けても暗闇。そんな純度100%の暗闇
そんな視覚が遮断された世界で人は何を感じ、何を思うのか。
アテンドをしてくれるのは暗闇のエキスパートである全盲の視覚障害者の方々。
発案者はドイツの哲学博士アンドレアス・ハイネッケ博士

ダイアログ
こちらの東京外苑前にある会場。
地下1階に降りて入り口をくぐると待合ロビーがあって受付で身分証明を出します。
受付をすませると暗闇に入る前の心構えや約束を説明してもらい、荷物はロッカーに入れてトイレを済ませ、暗闇の中で味覚を楽しむためのドリンクサービスに必要な最低限の小銭だけをポケットに入れて時間までテーブルやソファでくつろぎます。
ダイアログ1

時間が近づくと、同じ待合ロビーに順に集まってくる数人のお客。
そういえば確か1組8人で暗闇の入るということだったから….
「え〜この人たちと一緒なのかぁ。。。」
って正直思いました(^ ^;)
きっとロビーにいたみんながそう思っていたのではと思います。
初対面だし、あんまり普段関わることのなさそうな人たちなのです。

でも驚くことにアテンドがスタートして暗闇に入るとそんな風に感じたことも全く忘れてしまいました。
アテンドのこまちゃんに説明されながらも、8人で協力して進んでいくためにニックネームで自己紹介をして。
「私は◯◯です。ここにいます。今◯◯をしています」
「◯◯さんはどこですか?ここには壁があるから気をつけてくださいね」
そんな風に言葉を発さないと自分の存在が無いと同じになってしまうから。
声が聞こえることで安心したり。
名前を呼ばれることで安心したり。
見えないからこそ、見える以外のものを「信じて、信頼しないと歩くこともできない」

そうして8人の声を聞いていると8人のキャラクターが声に出てきているようで。
見えていた時の見た目よりも優しかったり。
見えていた時の見た目よりも明るかったり。
見えていた時の見た目よりもお喋りだったり。

見えないし、見られてない。ってなるとある種の羞恥心が消えて
言葉にしたり、音を出したりすることで自分の存在を周りに知らせることに積極的になれる。
見えないから飾る必要がなくなる。見た目に左右されないところの自分自身になれる。

見えてることで得ている情報量の多さと、それによって制限されている行動があるんだなと感じました。
特に初めての参加だと暗闇で自分を作ったり飾ったりして振る舞うことは難しいそうです。
でも何回も参加すると作れるようになっていくそうですww人って面白いですね。

とっても印象的なことがたくさんありました。

協力して進んで行く先で、ドリンクを注文できるカフェが出てきます。
暗闇の中で注文をして。暗闇の中でドリンク等を用意してくれて。
暗闇の中でお会計をします。(お札には目が見えなくてもそれが何円かわかるマークが入っているそうです!知りませんでした。。)

ビールを自分でグラスに注いで飲みます。

暗闇の中でお酒も飲めちゃう。
いや、暗闇でお酒飲むのを楽しむことができないなんてわけないな。なんて思ったり。

そんな時にこまちゃんが言いました。
「見えてる人は暗闇の中で得られる情報を頭の中で視覚化するんですよね」と。
確かに!!
ビールの栓を開ける音、トクトクっと鳴る注ぐ音。重くなっていくグラス。
見えないけどなんとなくグラスに注がれていく様を頭の中で無意識に絵にして想像します。

なるほどそれならば「視覚障害者の方はそうではないのですか?」と聞いてみると
「中途失明の場合は見えていたことがあるので視覚化しますが、生まれつき全盲の人は触った感触、温度、匂い、音がその存在です。例えば机はこういう感触、温度、匂いということで、どんな色をしてるか、赤いのか青いのか、木目なのかなどはわかりませんので問題にしません。」
「そして寝ている時の夢もそういう夢を見ます」
絵や動画ではない夢。どんな夢なのでしょう。

「暗闇だと、飲み物注ぐ時にこぼす人とかいるんじゃないですか?」って聞いた人もいて
「いますよ。でも見えててもこぼす時はこぼしますよね?」って答えてらしたり。

暗闇から出る前に、微量の光の部屋で休む時に。
うっすら見えてるみんなは自力でソファに各々座ります。
こまちゃんは「ソファはどこにありますか?自分も座りたいので教えて下さい」と。
「あぁ、そっかすみません」なんて言って、こまちゃんの手を引いて座ってもらうと
「ここで一気に立場が逆転します」とこまちゃんが言い、なんだか不思議な感覚になりました。

暗闇の中にいるときは、こまちゃんも8人もなんの違いもないただの人だと思っていたけど。
見える世界に戻ると見える人は一気にその世界に戻っちゃう。

明るい、見えてる世界に戻ると。
開始前よりも8人でワイワイ挨拶したりできるけど。
やっぱりどこか距離ができるし。
声を聞いたら誰かわかった名前も呼ぶのが恥ずかしくなったり。
見えてるっていうものが持つ影響をなんだか感じました。

見えているからこそ、できることもあるけど。見えているからこそ、できなくなることもある。
それを少し頭において生きる、視覚のない世界を少し想像してみたりして、違う感覚点を自分の中にもてたらいいなって。
今回の体験を通して思いました。

そして想像より暗闇は怖い世界ではありませんでした。見えてないからこそ飛び越えられる壁があって。
視覚障害者というのは想像よりももっともっと普通の人だ。
なんて思いました。

視覚障害者だから、感覚が特別優れている。優れていくようになるということではなく。
視覚以外の感覚で「普通に生きていける」そんな、言葉では表しにくい気持ちになりました。

大阪にも対話のある家という違うパターンの常設会場がありますが、外苑前常設会場は家賃更新の都合で8月で終わってしまいます。
1回5000円の体験で、高いな〜と体験前は思っていましたが。その価値があります。
今回一緒に暗闇の世界を体験したうっくん。ちゅうさん。けいすけさん。はなさん。おむさん。やっさん。やぎさん。
もしまた会ってもこのあだ名では呼べないけど(^^)ありがとうございました。
見た目の情報が一切ない。知らない初対面の人と体験したほうが実りある体験になりそうです。是非1〜2人で参加してみてください!

私もまた違うプログラムに行ってみたいな。なんて思っています。

Diary

水玉と網目と。黄色と黒。との戦い。

草間3

先日のブログ記事にあったムハの展示会の時に。。。。

実はこちらも行ってまいりました!!!
草間彌生展『わが永遠の魂』
草間
もう終わってしまいましたが。。
草間彌生さんの展覧会です。

私は関西の出身なので草間彌生さんといえば直島の巨大南瓜がぱっとイメージに浮かびますが。
まるで草間さんの脳内に入り込んだかのような展覧会でした。

水玉に呑まれる感じ。
草間1
展覧スペースごとに壁の色も分けられてたり。
部屋の大きさや照明が違ったり。

異空間の演出が素敵でした。
特に実物を見たかったののはこちらのリンク先にあるNO.AB 1959年なのですが。
今から約60年前の30歳の頃にこんな作品を作っていたかと思うと。ただただ吸い込まれます。
そして現在88歳。

命の宿るものを産み出し続け、芸術と、自身と戦い生き続けるその姿勢を見させて頂き、呑み込まれました。
草間2
野外展示のナルシスの庭では、ステンレスミラーボールに無数に映り込む自分の姿が。ナルシスってそういうことなのか??

先日訪れたGINZA SIXにも草間彌生さん。
銀座SIX

そして何を思ったかグッズ売り場にて買ってしまいました。。。。。
草間彌生さん『かぼちゃ』1999年作品の1000ピースパズル!!!!
南瓜
こちらは開始4日目。。。

小さい頃はよくクリスチャンラッセンのパズルをやったので自信はありましたが。
やり始めたら、他の何をおいても取り憑かれたようにパズルピースと格闘し続けて10日間。
なにゆえ水玉と網目と黄色と黒とこんなにも戦わねばならぬのか。(他にもやりたいこといっぱいあるのに!)
そんな感じでパズルを買ってしまった自分を恨みながら。。。昨晩完成いたしました!!!!!!!!

今度額買ってきて飾りたいと思います〜。

Diary

詩に包まれる絵画たち

2年前に訪れてから自分にとっては特別な場所となったチェコ。

そのチェコを代表する近代画家アルフォンス・ミュシャの展覧会を国立新美術館にて先日のおやすみに観覧してきました!!

アルフォンス・ミュシャ(チェコ語ではムハ)といえばきっと誰もが一度は目にしたことがある
アールヌーヴォー様式の美しい女性や植物文様の絵が有名です。
チェコのお土産にもよくイラストが使われいたりします。
ムハ2
こちらのような絵を見たことがある方は多いのではないでしょうか?

ですが、今回の展覧会の主題は
チェコ、パリ、アメリカで活躍したムハが50歳で故郷チェコに戻り
晩年の16年を捧げてチェコとスラブ民族の歴史を描いた【スラブ叙事詩】全20点の国外初公開の展覧会です。

撮影可能なところの絵画の写真をせっかくなので掲載いたします。
ムハ
こちらはチェコ占領時に非カトリック系領主の保護の下開かれた学校で、聖書をチェコ語に翻訳して秘密裏に印刷していたりする平穏な風景を描いたもの
ムハ1
こちらはムハに資金を援助したアメリカ人実業家のリクエストによって描かれたというロシアの農奴制が廃止されたときを描いたもの

まず驚くのは絵画のスケールだと思います。
なんと最長縦6m、横8mにも及ぶ作品達。
その圧倒的な存在感に息を飲みます。
言葉を無くす。。というのはこういうことを言うのでしょうか。

また先に紹介したアールヌーヴォー様式の絵画と違い、とてもとても写実的なことにびっくりしました。

水辺に映り込んで揺れる火の暖かさを感じ
修道女のヴェールが風に吹かれ
まるで本当にそこに存在しているかのような人々の視線
絵画から音まで聞こえてきそうなぐらい写実的なのです。

まさにその時、その時代を、そのまま目撃しているかのような既視感を感じます。

これは誰にでも親しみやすく永く人々の心に残るものとして描くために、この技法を採用したのだそうです。
また、永く遺るものとするために修復のしやすい技法を用いて描かれたということなのです。

50歳を迎えてなお、ムハとして画家として人生をまっとうした方の作品達に包まれてとても胸がいっぱいになりました。

6/5まで国立新美術館にて開催されておりますので、是非✨
檀れいさんと三宅建太さんの音声ガイド&双眼鏡があるとさらに。さらに楽しめると思います!
火曜定休じゃなきゃもう一度行きたい。。。。

blog

ヘアスタイルを変える楽しさ。

先日ご来店頂きましたIさま。

初回のご来店時は胸が隠れるぐらいに伸びたロングヘアにパーマを施術させて頂き。
3ヶ月後にはやっぱりバッサリ切ろう!ということになり、軽めのボブに。
さらに2ヶ月後ぐらいにはやや重めのボブになっていくように整えカット。
そしてつい先日。

バッサリ切ってしまいました!!!!
気持ちのいいスッキリベリーショート〜♪
ikeda2

全体にさっぱりしてるけど短めの前髪と少し長めのもみあげが、Iさまの柔らかい雰囲気とマッチしていていい感じ。
ikeda

ヘアスタイルを変えるとイメージもけっこう変わる。
季節の変わり目だったり、自分の気分だったり、何かのイベントの前だったり。

気持ちのいい日々に
寄り添うヘアスタイルでありますように〜✨

blog

吉川broaden的おすすめグルメ。

broadenをOPENさせていただいて1年と少し。
少しづつ街にも馴染んできてきました!

最近、お客様に教えていただいた吉川に古くからあるお店で
とっても美味しい揚げ物のお惣菜屋さんがあることを知りました!!!

「鮒金」天ぷら屋さん
昔からある、学校帰りにコロッケ1つ買って食べちゃうような地元のお店。
住宅街の中にポツンとあって、店の前に駐車場もあります。

鮒金
右はコロッケで、左はメンチカツ。
どちらも100円しません。
その他にはアジフライ、ササミ、イカフライ、ハムカツ、トンカツなんかも。
天ぷらも各種あります。これ買って家で天丼。なんてのもすぐできちゃう。

たくさん買っても1000円ちょっとぐらい。(基本70円〜でトンカツは300円)
お休みの日に買い込んではフライ系は冷凍して。
電子レンジ強で50秒チンしたら、オーブン(orトースター)でカリカリにすれば
揚げたてを限りなく再現できますww

量販店には出せない、素材の優しい味。
そして何より衣が美味しい!と感じる油の綺麗さ。

メンチは重すぎず野菜もたくさん入ってるのかフンワリふわふわ。
鮒金1

地元の人に愛され続けているお店って感じが店構えにも味にも表れています。

だからこそ引っ越してきた人にはなかなか知られていないと思いますので
毎日の営業でじわじわお客さんに宣伝していっておりますww

店の場所が道路から少し見にくいとこにあるので、最初は道に迷うと思いますが、、、
気になった方は是非いってみてくださいませ。