BLOG

uniqueness

炭酸のちょっと良いところ

さて唐突ですが。炭酸についてお話しさせてください。

broadenでは基本全てのメニューに炭酸水を取り入れています。
(ヘアセットや、メイクなどはシャンプーが含まれていないのでありません(>へ<))
 
少し前からダイエットや健康に良いとかで炭酸水が取り上げられていたりしますね。
炭酸の何がいいのか。。。。正直なかなか目に見えるド派手な効果はありません(^ ^)
しかし。たくさんの方の髪に炭酸をしてきて、美容師として良いなと肌で感じるものがあり、お店に導入しました。
tansan
こちらがbroadenの棚の中に隠されている炭酸ボンベ。シャンプー台のシャワーと繋がっていますが普段は見えません(^皿^)

【まず第一にはPHについて】
よく某CMでも言われているお肌は弱酸性〜♫
弱酸性というのはPH4.5ぐらいの状態を言いますが、これが一番肌や髪の状態が安定する領域なのです。そしてお水というのはPH7の中性になります。というわけでお水よりも炭酸水の方がお肌や髪により近いPHなので、負担を少なくより汚れを落とせるわけです。カラー剤やパーマ液の髪や肌への残留もマシになります。
体感としても頭皮が少し軽くなったような。髪が少し軽くなって柔らかくなったような(^^)
そんな炭酸水ならではの不思議なスッキリ感を感じて頂けたら、、、日頃ためてる見えない頭皮や髪に付着する汚れを、美容室だからこそ落としてもらいたいと思います!

ちなみに取り付け作業をして頂いた時にPH測定していただきました!!
tansan2
こちらがお湯のみの状態の時。。。PHは7.31となっていますね〜!
そして炭酸水に切り替えることによりPHが弱酸性となります。
tansan3
みるみる数字が4に近づいていくのが楽しかったです〜!!
取り付け頂いたのはなんと、埼玉の理容師さんなのです。OPEN前の夜中に仕事終わりにお越し頂き感謝です!!broadenでは東方炭酸システムという理美容師の現場の人が作った本物の炭酸システムT2sysを導入しております

ちなみに炭酸濃度が低いと弱酸性にはなりません!水の中にしっかりと二酸化炭素が溶け込んでいて初めて炭酸と言えるものになり、炭酸の効果が発揮されるわけです!

世の中に売られているフォーム状の炭酸シャンプーや洗顔等々は、残念ながら効果がある濃度の炭酸とは言えません。

炭酸=二酸化炭素が水に溶け込んでいるもの

なので、泡には効果はないわけです。
炭酸飲料を開栓した時にシュワッと泡が出るのは溶けてない二酸化炭素が水の中から逃げて気化しているだけであの泡はいわば炭酸になれなかったカスのようなもので効果はないのです。
気体は肌にも髪にも浸透しません!
泡状の炭酸を謳った製品には注意してくださいませ。。。

【そして第二にはボーア効果について】
人間の体内には肺で取り込んだ酸素を身体中に行き渡らせるために、血液の中を流れている赤血球にあるヘモグロビンというタンパク質が働いてます。あのなんか赤いダンゴみたいな奴です(^o^)

このヘモグロビンが運んでいる酸素をヘモグロビンから切り離して体内の細胞に送るために二酸化炭素が必要なのです!!
つまり肌から浸透した炭酸(二酸化炭素)の働きにより、血中の酸素が体内の細胞にたくさん送られることをボーア効果といい、炭酸が血流を良くするということが言えるわけです!

そしてここでも一つ注意があるのですが。ボーア効果をしっかり作用させるためには10~15分の時間が必要なのです。でも炭酸水や泡なんかで頭皮を15分も覆うのは難しいですね。

そこでbroadenではヘッドスパで炭酸ジェルを使用して行います。
水溶液に溶けた状態でないと炭酸は濃度が薄く効果がない。
水溶液で15分同じ場所にとどまらせるのはジェル状が最適というわけです。
炭酸ジェルを十分に塗布してからマッサージをしつつ15分間は最低でも炭酸に頭皮が包まれる状態を作り出せます。
ぜひ日頃の疲れと汚れをスッキリとってゆっくりしたい方は炭酸スパおすすめです!!!!

炭酸ジェルは医療の現場でシャンプーができない状況の方などにも利用されているそうな。
broadenでは、お家でも手軽にこのジェルができるような製品があります。
tansan5
使い方にコツがありますが、お顔などにも全身使えますので、興味のある方はぜひお声がけくださいませ。

炭酸のちょっと良いところ。ぜひぜひ broadenで体感して頂けたらと思います〜!!