BLOG

item

ブラッシングが楽しくなるブラシ。

お風呂上がりのドライヤー前にオススメしているブラッシング。
「濡れてるときに髪をと梳かしちゃいけないと思ってた!」という方もしばしば。。

確かに濡れている髪は乾いている状態よりはダメージしやすいです。
ですが絡まったまま、毛先がパサパサのまま自然乾燥や乾かしたりしても逆効果。

優しく丁寧にとかせるなら、絡んだまま乾かすより髪を傷めません。

優しく丁寧に梳かすためには
荒歯で髪が絡みにくいブラシであること。
梳かす時に無理にひっぱらないことが大切
以前にブログで紹介したデンマン社のスケルトンブラシに並んでbroadenでよくお客様にもお使い頂いているブラシがあります。

WETブラシ
こちらはかなり大きめのブラシなのですが、まずピンが柔らかくて頭皮が痛くない!
まるでマッサージをしているかのような感触です。
WETブラシ2
そして大きいブラシなのにこのように湾曲しているために頭皮全体をいっきに柔らかく梳かすことが可能です。
そしてドライヤーの熱にも耐えられる設計になっているのでドライヤーの仕上げに梳かしながら風を通すとツヤツヤになったりします。

毎日行うヘアケアだからこそ。
使いやすい道具を使いましょう!!

【ブラシに付着するホコリの取り方】
プラスチックのブラシに限って言えることなのですが、リンスを溶かした熱めのお湯(40度ぐらい)にブラシを仰向けに漬け込みます。しばらく〜一晩してお湯の中で振るようにすると結構ホコリが取れます。それでも取れないホコリはそのまま歯ブラシなどを使うとするんと取れます!
是非お試しください。