BLOG

uniqueness

broadenのカラーのこだわり。

broadenでは髪質や頭皮のこと、希望する色味やダメージへのことを考えて多種多様のカラー剤をご用意しています。

color剤

まず右下にあるグリーンのカラー剤ESSENSITY COLOUR(エッセンシティーカラー)というドイツのシュワルツコフというブランドのオーガニックのカラー剤です。
89%の自然由来成分を配合していて、ノンシリコン、ノンパラフィン、ノンパラベン、合成香料不使用。環境大国ドイツ基準を満たしているブランドなのでオーガニック成分にも信頼性があると言えます。
実際に使用していて感じるのはカラー剤特有のニオイが少ない、色味が濃く色持ちが良いというのは特に良い点かなと思います。その分しっかり反応させる為に時間をしっかり置く必要があるのと、白髪を明るく染めるのが苦手かなという印象です。

カラーリングで好きな色味がある方には特にオススメしたいなと思うカラー剤です。
例えばアッシュ系が好き、赤みの強い色が好きなどがある場合は繰り返し同じ色を入れることにより髪の色味が安定し、退色しづらくなります。

真ん中にある白いチューブのカラー剤2種類とケース入り薬剤2品 PROMASTER EX(プロマスターEX)という色味表現がより専門知識を求められるアルカリカラー剤と、PROMASTER G CREYELL(プロマスターGクリエール)というグレイヘアーを美しく仕上げる白髪が染まるカラー剤LESSE(レセ)シリーズのカラー剤の色素を取り除くティントコントローラーと髪の色を脱色するパウダーブリーチEX
加えて写真には載せていませんがGLAMAGE(グラマージュ)という酸性カラー(ヘアマニキュアと言われるもの)
全て同じホーユーというブランドのものです。

カラー剤が有名なブランドなのですが、何よりの魅力はヘアカラーとしての綺麗な色味・明度・彩度のコントロールが可能なこと。
市販のカラー剤もそうですが、レッドブラウン、マットブラウン、アッシュベージュ。など色味として完成しているものが販売されていることが多いのですが
それらはすべて一般的な日本人の髪の特性に合わせたカラー剤の設計となっていて、どんな髪質や特性を持つ人でも無難に染まるようになっているのです。

ですが、1人1人髪質も違うし、同じ日本人で黒髪と言っても真っ黒な人もいれば、グレーがかった人。カラーしていないのに茶色くなる人など様々なのです。
ヘアカラーはカラー剤の色味だけでできているわけではなく、1人1人違う髪の色とカラー剤の色味やパワーを計算して行うものなのです。

プロとしての知識や経験が問われるカラー剤で、よりその方の髪質に合わせた調合が可能になるのです。
これはホーユーさん特有の魅力だなぁと思います。

どんなヘアカラーをしてもいつもオレンジや黄色っぽくなってしまう等の髪質による色の発生を抑えたい方。
色んなヘアカラーの色や明るさを楽しみたい方に向いてるカラー剤と言えます。

最後に奥にある赤い袋に入っているものですがhana henna(ハナヘナ)という100%ナチュラルヘナで美容師さんが開発したものなのです。
オレンジ色に染まる草。それがヘナなのですが世の中で売られているものは白髪がしっかり染まることを謳っているものが多いです。
本物のヘナは色味は選べませんがハイダメージ毛に対して補修効果があったり、カラー剤にアレルギーがある方などにも可能な染毛方法と言えます。

リンク先のブログ作者の美容師さんが年に2回インドの現地工場を訪れるなどの活動をして、現地の人と共に作っているものなのですが
そういうことまでしているヘナは他には私は知りません。

オレンジ色以外に染まるヘナは化学薬品が入っていたり、またそうでないものも、古く茶色くなったヘナを緑に着色して粉状にしているものもあります。
本当のヘナを使いたくてhana hennaを選びました。hana hennaにはヘナと合わせることでオレンジよりも自然な髪色に仕上げるインディゴという草から作られるものもあり
broadenでも取り扱っています

難しいことをたくさん書いてしまいましたが
broadenでは1人1人の髪質やダメージ状態、希望の色味などに応えられるように選択肢を持つことを第一に考えています
また、どのカラー剤を使っても料金に変化はありません。

よりその方のためのヘアカラーができるサロンでありたいなと考えています!
ぜひ一度ご相談くださいませ。